Home > ひとりごと > サッカーの試合

サッカーの試合

先日、息子のサッカーの試合を見に行ってきた。

 

小学生のころからサッカーをしてきた息子も、いまや中学生。

 

いままで控え組みにも入らなかったが、最近はサブメンバーとしてベンチを暖めるまで

 

になったらしい。

 

息子いわく、選手として選ばれはしたが、そう簡単に出れるわけではない、まだまだだ。

 

ほー。 スポーツの厳しさがわかっているじゃぁないか。うん。

 

私自身も実はサッカーが大好きである。サッカーという競技のあのスピード感がいい。

 

チームの戦術、選手の能力を監督は正確に把握し、布陣を組み立てて選手に指示を

 

与えて挑むわけだが、ひとたび試合が始まると相手の出方しだいで、ピッチ上の選手たちは

 

その指示を守りつつ臨機応変に対応していく。しかもすさまじいスピードでどんどん変化していく。

 

これがなんともおもしろいのである。

 

で、今回も息子が出場する機会は無いかもしれないが、それはそれで経験を重ねていく上では

 

とても大切なことだからと思い、所属するチームが出場する第一試合を見てみると、

 

なんと、

 

えっー、   マジか。

 

 

ピッチ上にスターティングメンバーとして整列しているではないか・・・・・

 

ぅおぉぉぉ、この日がやっときた。お父さんはうれしいぃ。

 

試合開始のホイッスルとともにピッチ上に選手たちが散っていく。

 

否が応でも期待が膨らんでいく。息子のポジションは・・・右サイドか。

 

はじめてのスタメン出場ですこし動きが硬い。自分のポジションを気にしながら

 

ボールを追っているのがわかる。

 

前半の中盤ころに先制点をあげることができ、いくぶん落ち着いてきたか。

 

しかし、そのあとすぐに同点弾をくらってしまう。ここで動揺したのかチームの動きが・・

 

やばい、声が出てない、パスの出しどころを見失う場面が多くなってきている。

 

完全に相手チームに読まれている。

 

もうこうなるとフォーメーションや戦術などあったもんじゃない。 点を取り返そうと必死。

 

気がついたんだが、ある意味中学生のサッカーって他よりもおもしろいと思ってしまった。

 

高校生クラスになると、Jリーグで通用する選手も出てくるのでとてもレベルの高い試合が

 

見られるだろうし、国内、海外で現在活躍中の日本人プロ選手も見ていてとても楽しいが

 

中学サッカーは両チームともイケイケの試合展開を繰り広げるので見ごたえがあった。

 

結局試合は3対1で敗れてしまったが、息子にとってはいい経験だったかもしれない。

 

 

 

 

 

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.pcrise.jp/blog/mt-tb.cgi/39
Listed below are links to weblogs that reference
サッカーの試合 from 店長のにっき~パソコン修理・トラブル解決のPCライズblog

Home > ひとりごと > サッカーの試合

Links
Search
Feeds
3 カウンター
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Tag Cloud
Photos

Return to page top